しもやけと漢方薬

寒くなってくると増えるのが「しもやけ」の相談ですね。冷えと乾燥が原因している手足などの末端に出来やすい皮膚の異常です。
しもやけ」は正式には「凍瘡(とうそう)」と呼び、真冬よりも気温4~5度程度で1日の温度差が10度以上ある大きい時に発症しやすく、全体が熟れた柿のように赤く腫れるタイプ(たる柿型)と、しこりを持った紅斑ができるタイプ(多型紅斑型)とに大別され、前者は子供に後者は大人に多いとされ、どちらも痒みを伴い、特に温まると痒みはひどくなります。
寒冷にさらされやすい手足・耳や鼻などの皮膚血管の拡張と収縮の調節がうまく働かないために、皮膚に血行障害を起こし紫紅色の鬱血(うっけつ)を生じることが原因とされています。
「しもやけ」予防としては、厚めの手袋や靴下を着用して、できるだけ手足を冷やさないようにすること。特に急激な温度変化は禁物です。入浴時に温水と冷水に交互につける温冷交互浴や手足を毎日マッサージすることも効果的です。

ご相談にあったような「しもやけ」を改善する漢方治療の方法をご紹介しておきます。漢方治療では、血液中に老廃物が停滞して循環が悪くなった状態(瘀血と呼ぶ)に冷え(寒邪)が入ってくることが主な原因と考えます。そこで末梢血管を拡張して血流をよくし、手足の末梢や皮膚を温める「温経散寒法」と、「鬱血」や「血栓」など、漢方でいう「瘀血」を取り除く「活血化瘀法」を併用して治療していきます。また、漢方の軟膏(タイツコウ・紫雲膏など)を外用として併用することも有効です。

●「あかぎれ」や「しもやけ」に使用する代表的な漢方薬
温経湯(うんけいとう) 甲字湯(こうじとう) 桃紅四物湯(とうこうしもつとう)
当帰湯(とうきとう) 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
当帰芍薬散加附子(とうきしゃくやくさんかぶし) 血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)
芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)

漢方では両者の病名の違いで処方が変わることはなく、その方の体質の違いによって処方は変ってきますので、服用する際にはご自分の体質と症状を確認できる医師や薬剤師にご相談の上で服用されてください。

漢方無料相談http://www.hassendou.com/soudan1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック